ひとりの休日は寂しい。でも必要。

Pocket

どうもー!!

 

りんごが木から落ちるのを見て

何も発見できないカガラシュン

です!!

 

水着美女が木から落ちてきたら

引力以上のものを発見してみせます

けどね!!なんらかの卑猥な法則を

 

本日のブログです!!

 

今日は朝から活動してた休日。

しかも珍しく一人ではなく高校

時代の友達と一緒に時間を過ごし

ました。

 

休みの日は大抵一人。さみしくは

ないですよ。

 

家族もおらんし大阪の実家にいた

時とは環境違うし。

 

自分である程度の家事せなあかん

し、そもそも友達が遊ぼう!!みたいな

誘いをしてくれるのが少ないですね。

 

そりゃ当然です、僕も滅多に誘わないし、

大阪時代に比べると周りに住んでる

友達も少ない!!(何回か書いてるけど友は東京にもいる!)

 

でもこうやって人に

会いたくなる時はありますよね。

 

遅めのモーニング、ブランチというやつ

をして高校時代の懐かしい話に花

が咲くかな?という予想に反して

互いの仕事の話や今の生活の話。

 

大阪から出てきた数少ない仲間の

思ってることや感じてることには

共感することも多い。

 

そうやって話すことによって

まあ明日も仕事頑張らなとかも

思うし。

 

でも一人の休日って悪くないです、

むしろ今はその方がいい。

 

一人になるために東京きたわけじゃ

ないけど、ある程度一人でなんか黙々

と頑張る時間、いや期間は人生で必要

やと思うんです。

 

特に僕みたいに、周りの人に

甘えてしまいやすいタイプの

人は。

 

やっぱひとりで生きていかれへんし

助け合いやと思うけど、ひとりで

目標に向かいひたすら頑張る期間

を大切にしたい。

 

好きなことをさせてもらえてる

ありがたみや、時々もらう懐かしい

友からの激励の言葉など、しっかり

心に刻んで、毎日を過ごしたいと

思いました。

 

でも懐かしい友と話すこと

ができて今日はなにより充実しま

した!!

 

明日よ早くこい。

 

おわり

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ただ髪の毛を切るのではなく、一人一人に合う髪型を贈る。とゆうことが第一コンセプト。ファッッションブランドpottoや2ピースバンドドミコのヘア&メイクを手掛けるなどサロンワーク以外でも好き勝手に活動。個々の一人称を肯定し髪型テキトーに楽しんだらええやんと思ってるゆとり、ゆとりの風来坊。