美容室で、なりたい髪型を上手に伝える方法。

Pocket

どうもー!!

 

とんだばやし蘭さんお洒落やなと

おもうカガラシュンです!!

 

僕も名前変えて、河内長野シュン

みたいな感じにしましょかね??

 

本日のブログです!!

 

なりたい髪型を美容師さんに伝える。

これってお客様からしたら結構難しい

事ですよね。

 

特に大幅に髪型を変えてみたい!

と思った時などはいろいろ考えて

しまいます。

 

時にはちゃんと伝わってるやろか?

と不安になる事もあるでしょう。

 

そんな時は、希望する長さと一緒に

質感(雰囲気)を伝える事をお勧め

します。

 

例えば。

 

バッサリボブにカットしたいとします。

長さはアゴくらいの。

そんな時のオーダーの仕方は、

 

「アゴくらいのアンニュイなボブにしたい」

 

とオーダーしてみます。

この場合、「アンニュイ」というのが、

質感(雰囲気)にあたります。

 

他にも、ガーリーとかマニッシュとか。

これらも質感(雰囲気)

 

僕ら美容師もこの質感を探っています。

あなたのテイストに似合う質感を。

 

髪型というのは長さだけじゃないん

です。

 

一見同じように見える2枚の

無地の素材違いのシャツ。その手触り

や機能性が違うように。

 

よく見ると全然違う雰囲気を醸し出す。

やからおもろい。

 

 

 

↑↑同じくらいの前下がりのボブ

 

 

この写真の前下がりボブも

長さは同じぐらいやけど、雰囲気

が全然違う。

 

上は柔らかく、カジュアル。

下は硬く、モード。

 

質感にこだわれば、髪型がもっと

楽しくなるし、理想のスタイルに

近づけるかもです。

 

わからない場合は担当美容師さんに

聞いてみてください。

 

「どうゆう質感(雰囲気)が似合いますか?」

 

と。

 

全力でお答えしますよ!!

 

おわり

 

 

カガラシュンの料金案内はこちら カガラシュンでウェブ予約するはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ただ髪の毛を切るのではなく、一人一人に合う髪型を贈る。とゆうことが第一コンセプト。ファッッションブランドpottoや2ピースバンドドミコのヘア&メイクを手掛けるなどサロンワーク以外でも幅広く活躍。髪で本気で人は変われるしいろんな髪型テキトーに楽しんだらええやんと思ってるゆとり、ゆとりの風来坊。