アイコンになれた髪型

Pocket

ややこい上野東京ライン乗り間違えましてん。

どうも!ほんまは湘南新宿ラインで新宿に向かうはずがなんと乗ったのは上野東京ライン!

途中で引き返しましたが危うく夜な夜な熱海旅行でしたね!イヤホンしてるし気づかんねん!

ブログ行きまっせ!

いやー、客さんの中でインスタとかつながつてる方も結構いらっしゃるんですが。

この前ふとした時にインスタのアイコンに僕がつくった髪型の写真を使用してくれてるお客さんがストーリーのとこにバババとたまたま並んでて。

なんか感慨深かったですね。

みんな意外と心底髪型気に入ってくれてんやな。って。笑

まあいつも任せてくれてる場合気に入らんってことはないやろけど。アイコンにまでしてもええかもって思ってもらえるのは喜びですね!

まあ美容室来て、正直伸びたから切るとか。

なんとなく2,3ヶ月にいっぺん来るとか。

担当美容師のつくるヘアスタイルが好きやからって理由以外で来る人もいなくはないと思うし。

アイコンの写真って何にしようか迷いますしね。あえて変なやつにしたりしてみるのもありますが、その人の印象や玄関的要素もあるので。

自分を肯定することって、なかなか恥ずかしいし力いるし。

アイドルとかサロモみたいに自撮りしまくってあげるのとはまた違う角度の。

でもそもそも髪型をつくるって事は、そうゆうことにも繋がっていってほしいと思ってます。

他人に認めてもらう前に、

自分を素直に受け入れて、認めてあげる。

その指標てきなものに僕がつくる髪型がなれたらそりゃもう。

それらは、ひとりひとりと向き合って髪型つくっていって初めて提供できるような価値やと思っとります!

僕が無理言って撮らせてもらってる写真、もし気に入ればアイコンなどに使ってください!

本当にいつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ただ髪の毛を切るのではなく、一人一人に合う髪型を贈る。とゆうことが第一コンセプト。ファッッションブランドpottoや2ピースバンドドミコのヘア&メイクを手掛けるなどサロンワーク以外でも好き勝手に活動。個々の一人称を肯定し髪型テキトーに楽しんだらええやんと思ってるゆとり、ゆとりの風来坊。