カットで作り分ける!今っぽいウルフと昔っぽいウルフ

Pocket

箱根プリンってやつ食べたんですが、普通のプリンすきてびっくりした。

どうも!ご当地グルメ的なノリかと思って買ったら入れもんがガチャポンみたいなやつに入ったかなりスタンダードなプリンでした!

コンビニで95円ぐらいで売ってるやつと変わりませんでしたね!もうプリンでええやん!箱根つけんでええやん!

ブログいきまっせ!

昨年からよくオーダーいただくスタイルがウルフです!

ウルフとは?

俗にゆうウルフカットと呼ばれるやつです!!襟足が長いとゆうのが最大の特徴ではないでしょうか?

あとは顔周りが切り込まれてるのも印象的かもしれません!

ウルフカット昨年から本当に人気高まってると思います!

ここでちょっとだけおさらいとゆうか。

ウルフって一昔前にも流行ったんですね!

上戸彩とか中島美嘉がやってたらしいです!(うろおぼえ)

今流行ってるウルフはどちらかとゆうと重め。

もうちょい付け足せば、ボブから派生したウルフ。

その違いは少しご紹介!!

昔のウルフ軽めな印象が強いものでした!

↑なんかこんな感じ

段差がトップから積極的に入ってるものが多く、全体的に毛先もシャープです!

対して今っぽいウルフはこちら。

↑なんとなく重さがありませんか?

顔周りは切り込まれていて襟足が長く残ってるが、シャープさとゆう印象は昔のものに比べて薄いのではないでしょうか?

トップの段差もそこまで入ってる感じはないですね!

それはそもそも、ボブから派生しているからなんです!!

ボブって基本的には重ための印象がありますよね?(もちろん軽く見えるボブもありますが)

そこから顔周りを切り込み、襟足を詰めるのではなく残して活かす!

これが今流行ってる感じのウルフの流れです!!

ただ、昔のウルフも僕は結構好きです!

今っぽいとか昔っぽいって、あってないようなものやと思ってます!!

ただ、ウルフにしてください!と美容室でオーダーして、すごい昔っぽい感じになった!とゆう相談も受けたことあります。

そうゆうことのないよう、的確にイメージを伝達するためにこの辺をおさえといたらいいんちゃうか思います!!

最近の僕のお客さんのウルフでお別れです!!

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ただ髪の毛を切るのではなく、一人一人に合う髪型を贈る。とゆうことが第一コンセプト。ファッッションブランドpottoや2ピースバンドドミコのヘア&メイクを手掛けるなどサロンワーク以外でも好き勝手に活動。個々の一人称を肯定し髪型テキトーに楽しんだらええやんと思ってるゆとり、ゆとりの風来坊。