あなたが家でも再現しやすいようによ。

Pocket

どうもー!!

 

どこでもドアで湯布院に行ってみたい

カガラシュンです!!

 

いやもっと遠くいけよって思うかも

しれませんが、結構交通の便悪い

すからね!!

 

本日のブログです!!

 

下絵を描いてから、もっともっと

絵を足していったり。

何かを作る上で、まず大まかな土台を

作る。そしてからより良いものにして行く

ために工夫を凝らす。

 

カットにもそんな思いを込め、提供

したいと思うんですね。

 

そのために重要な、ウェット&ドライ

でのカット。

 

ウェットカットとは髪に水分があり

濡れている状態の時にカットすること。

 

このウェットカットでは、髪型の

土台を作ります!!大まかな形です!!

 

髪はウェットの方が、よく切れます。

髪が素直に柔らかくなってるから。

なるべく傷めないように、柔らかい

うちに狙った形に。

 

土台がしっかりしてないといい家も

建たないのと一緒で、このウェット

カットは重要な部分です!!

 

そしてドライカットはその形を、

さらに良くしていくイメージ。

乾かさないと分からないクセや、個性。

髪の流れをみて入らないところを削ぎ

落としたり、毛先のテクスチャーを調節

したり。

 

ドライでしか見えない部分も色々

あるのです!

 

この2つのカットでつくる理由は、

もちろんお客様にお洒落で素敵な

髪型を提供するため。

そして、家でもブワーッと乾かした

だけで決まる、再現性を高めるため。

 

このウェット&ドライで切るのには

実はこんな意味があったんですね。

 

ドライだけでええんやったらシャンプー

せんとそっこう切るやろしね!!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ただ髪の毛を切るのではなく、一人一人に合う髪型を贈る。とゆうことが第一コンセプト。ファッッションブランドpottoや2ピースバンドドミコのヘア&メイクを手掛けるなどサロンワーク以外でも好き勝手に活動。個々の一人称を肯定し髪型テキトーに楽しんだらええやんと思ってるゆとり、ゆとりの風来坊。