塩基性カラーとはなんじゃ??

Pocket

どうもー!!

 

家族で焼肉食べた後、母親が紙エプロン

つけたまま店出てきたことにツッコミ

入れれなかったカガラシュンです!!

 

なんかネイビーのおしゃれな紙エプロン

やったんでコーディネイトに溶け込んで

ましたね!!

 

本日のブログです!!

 

最近ちらほら巷でも耳にすることが

多くなったんじゃんないでしょうか??

 

塩基性カラーって何??

 

塩基性っていうと馴染みないかも

しれないですがこれはアルカリ性

ってことです!!

 

まなんとなく覚えといてください!!

そしてこの塩基性カラーの特徴は、

鮮やかな色が入りやすい!!

色味チェンジがしやすい!!

というのがあります!!

 

↑赤、オレンジのような色がそのまま入る!!

 

ブリーチした髪が前提ではありますが、

暖色(赤など)なら1回、寒色(青、紫など)なら

2回ぐらいを目安にブリーチすれば入ります!!

 

↑ブリーチ2回で紫に

 

そして部分的に施すことができるのも

いい!!

 

全体を染めるのは派手すぎる、傷みが

気になる。というかたにはポイント

でもおすすめです!!

 

↑裾だけ赤に

 

↑フロントに紫

 

色味チェンジしやすいというのは、

塩基性カラーの色持ちは約2週間ぐらい

と言われてます。けっこうすぐ取れるし

色もそこまで残りません!!

 

だからこそまた違う色をその上から

かぶせればすぐ楽しめるというメリット

でもあると思います!!おまけに塩基性カラー

だけやとダメージは少ないです!!

 

塩基性カラーの発色はとてもいい

のでポイントで入れるだけでも主役級

の働きをしてくれます!!

 

ちょっと違ったカラーをしてみたい!!

カラーがマンネリ化してきたなどの

方々にはオススめしたいカラーですね!!

 

おわり

 

カガラシュンの料金案内はこちら カガラシュンでウェブ予約するはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ただ髪の毛を切るのではなく、一人一人に合う髪型を贈る。とゆうことが第一コンセプト。ファッッションブランドpottoや2ピースバンドドミコのヘア&メイクを手掛けるなどサロンワーク以外でも幅広く活躍。髪で本気で人は変われるしいろんな髪型テキトーに楽しんだらええやんと思ってるゆとり、ゆとりの風来坊。