新宿で見かけた素敵なショート

Pocket

どうもー!!

 

キックザカンクルーって打っても

スムーズに出てこないことにちょっと

ショックやったカガラシュンです!!

 

だいたいの著名人はパッと出てくる

のに。。

 

本日のブログです!!

 

新宿の南口でハントをするようになって

6年ぐらいが経つ。

アシスタンントの頃から営業後、

休みの日、時間あれば足を運び行き交う人の

髪型に目を凝らした。

 

ハントをやり始めた頃はなかなか

誰に声をかけたらいいかもわからず

立ち尽くす時も多かった。

 

そんな時も行き交う人の髪型は、

色んな形があり見てて楽しかった。

ナチュラルなもの、エレガントなもの、

インパクトのあるもの。

全てが新鮮やった。

 

オシャレでデザイン性の高い髪型を

してる人を発見しては、

 

「あーゆーデザインもあるんや。」

「誰がカットしてるんやろ。」

「上手な美容師さんがおるんやな。」

 

とか思いながら自分の感性になれと思い

焼き付けた。

 

いつか自分もイケてる髪型をデザインしたい。

まだ思うように切れないし、レパートリーも

少ないけど。いつか。

その思いは昔から強かった。

 

今現在もハントする時いろんな髪型を見る。

そこから感性を刺激されることもたくさんある。

だから今も僕は目を凝らす。

 

昨日もまた新宿南口に行った。

そこで素敵なショートヘアを目にした。

後ろ姿であったが、細い首に沿って

おさまった綺麗な襟足、片方は耳にかけられて

形がとてもシンプルで凛とした黒髪ショート。

 

いつものように

 

「いいショートやな。」

「スタイリングも上手にしてるなとか。」

 

関心しながらもう少し近くで見たい

と思い少しその女性を追いかけた。

 

突然その女性は足を止め振り返った。

僕が先週カットしたお客さんやった。

 

美容師としてスタイリストになって5年が経った。

まだまだやけど確実に昔よりできる。

もっとお客さんのためにいろいろ考え

提供したいと思った。

 

おわり

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ただ髪の毛を切るのではなく、一人一人に合う髪型を贈る。とゆうことが第一コンセプト。ファッッションブランドpottoや2ピースバンドドミコのヘア&メイクを手掛けるなどサロンワーク以外でも好き勝手に活動。個々の一人称を肯定し髪型テキトーに楽しんだらええやんと思ってるゆとり、ゆとりの風来坊。