うんこ待ち野郎と思われたくなかった話。

Pocket

どうもー!!

 

ビットコインって未だに何か分かって

ないカガラシュンです!!

 

なんならナスダックとかも

なんやねんって感じですけどね!!

 

本日のブログです!!

 

良くルミネのトイレにお世話なってます。

なんか綺麗し清潔なことが多いから

よく活用しますね!!

 

こんなことブログで書くのもなんやねん

って感じですが。。

今日はそのルミネのトイレでの出来事の話!

しばしお付き合いください!!

 

 

 

男性用トイレって小と大が分かれてますよね??

やから大に入った瞬間あいつうんこ野郎やな

ってバレるんですね!!

 

幼稚園や小学校の頃ほどではないですが、

なんかうんこしてるのを人にできるなら

悟られたくない。ってのがあります。

 

この間いつも行くルミネの2階のトイレに

用を足しにいったら、小は誰も使ってないのに大だけ

3つとも全部使用中やったんですね。。

 

待っても良かったんですが、誰か来て

うんこ待ち野郎と思われるのをなんとか

避けたいと思いまして。

 

先整理しとくんですけどうんこ野郎より、

うんこ待ち野郎の方がなんか恥ずかしいんですよ!!(持論)

みなさんはどうですか?(どうでもええ)

 

仕方ないから普段は行かない

5階にある男子トイレに行きました。

しかしそこもいっぱいでして。(すでに1人うんこ待ち野郎がいた)

 

5階は大便器一つしかなかったので

仕方なく戻って2階のトイレで待つ

ことに。

 

大を待ってるトイレの空間って、

なかなか滑稽なんです。

小便器はすっからかんなのに僕は

立ち尽くす感じ。どんだけうんこ

待ち野郎やねん俺。

 

っとか考えてる間にトイレには

人が流れ込んできます!!

小便をしに来た男性が、僕に一瞥

をくれ小便器と向かいました。

 

「あいつうんこ待ち野郎やな。」

と思われたに違いはありません。

別に人間として誰もがする普遍的な

ことやのに、やはり恥ずかしさがあります。

 

そうこうしてる間に小便器は全て埋まって

しまいました。

 

なかなか大便器が空かない状況。

なお勢いを増す便意。

大らかな僕も少し苛立ってきました。

「大便でパズドラしてるんちゃうやろな!!」

とか勝手に疑ったりもしてみました。

 

すると背中に先ほどまでと違う気配を感じ

パッと後ろを見ると、僕の後ろにちょっと

した列が出来てました。トイレが急に

混み合ってきたのです。

 

そしてなかなか空かない大便器とは

裏腹に、小便器はスムーズに空きます。

 

僕は空いた小便器には全く興味ありません。

空いた小便器を見ながらも肛門に全神経を

集中させてます。

 

ただ気になることに小便器が空いても、

なぜかそこに人が進んでいかないんです。

 

まさか全員うんこ待ち野郎?

 

いや違う。。

後ろに並んでる人たちは順番的に

僕の番なので順番抜かしするわけには

行かず待ったままなのです。

 

その状況を察した僕は後ろの人に、

「どうぞ。」って軽くアピールします。

 

そしたら後ろの人は、

「あぁなるほど。どうも。」って

感じで小便に向かいます。

 

あんだけうんこ待ち野郎を回避

してたのに、完全に自分自身で

「私はうんこ待ち野郎です。」

とアピールしてることに僕は気づいて

しまいまったのです。

 

皮肉にも早い小便器のサイクル。

ひとつ空きが出るたびに僕は

うんこ待ち野郎ですとアピールして

、トイレが円滑に回るよう努めました。

糞のことだけにもう自棄糞(ヤケクソ)でした。

 

僕は弁を排出し、自分の腸を円滑に

回したいという私利私欲を忘れるくらい、

うんこ待ち野郎のゾーンに入ってました。

 

便意の猛威は止み、羞恥心などはなく、さっきまで

うんこ待ちをしてた自分を誇りに感じるぐらい、

トイレの好循環を清々しく思いました。

 

僕のうんこ待ちは決して無駄ではなかったん

やとその時心から思うことができました。

 

結局うんこせずにおうちに帰りました。

 

おわり

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ただ髪の毛を切るのではなく、一人一人に合う髪型を贈る。とゆうことが第一コンセプト。ファッッションブランドpottoや2ピースバンドドミコのヘア&メイクを手掛けるなどサロンワーク以外でも好き勝手に活動。個々の一人称を肯定し髪型テキトーに楽しんだらええやんと思ってるゆとり、ゆとりの風来坊。