お客さんが美容室に来る理由

Pocket

どうもー!!

 

インディージョーンズ初めて見た

カガラシュンです!!

 

あれって結局宇宙人が最後いた

って感じですかね??

 

本日のブログです!!

 

ここのとこ寒い日が続いてますね。

冬将軍が紅葉を煽ってるような感じ。

空気が澄んできてて朝とか散歩したら

気持ち良さそう!

でも毛布にくるまっとくだけの朝も

気持ちがいい!

 

10月が雨やったせいか、秋が短かかった

気がする。冬が嫌いなわけではないけど、

せっかく日本に生まれてるし季節のバランス

を楽しみたい。バランスを。

 

こんな寒いのにいつも髪の毛やりに

来てくれるお客さん本当にありがとう。

 

人はなんで髪を切りに美容室に来るんやろ?

髪型をもちろん変えたいってのはある。

 

でもそれだけじゃないとも思う。

ただなんとなく来てみたよ的な。

そういうのもあると思う。

 

前から言うてるけど、別に髪切らんと

会いに来てくれるだけでもええねんけどな。

本音は。

 

美容室って結構緊張したりもしてまうし、

おしゃれしていかなあかんかもとか。

硬いイメージもさることながら。

もっとラフに足運んでもらえるように

したいよね!

 

おしゃれでかわいい髪型を提供したい!!

という思いが強すぎて、髪の毛にこだわり

すぎてお客様の本当に美容師に求めてる

ことに気づかなかったりしてたことあったと

思う。考えが硬かった時期もありました。

 

かといって、適当なものやこだわりがない

ものは提供したくないし、僕にしかできない

デザインで勝負したい!

 

やっぱりここもバランスが大事そうです。

バランスが。

 

お客さんによって求めてることって違うと

思うけど、気軽に立ち寄って欲しいというのは

すごいある。なんかその辺のティースタンドみたいに。

 

そういう店づくりしていきますね!!

 

おわり

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ただ髪の毛を切るのではなく、一人一人に合う髪型を贈る。とゆうことが第一コンセプト。ファッッションブランドpottoや2ピースバンドドミコのヘア&メイクを手掛けるなどサロンワーク以外でも好き勝手に活動。個々の一人称を肯定し髪型テキトーに楽しんだらええやんと思ってるゆとり、ゆとりの風来坊。