美容師としてチャレンジしてること。そして最近になってようやく気づいたこと。

Pocket

どうもー!!

 

有楽町があったら無楽町も

あるやろと思うカガラシュンです!!

 

なんか淡々んとポーカーフェイス

で飲み会とかしてそうですよね。

 

本日のブログです!!

 

作品を作るということにチャレンジ

してます。

 

モデルさんの髪の毛を作り

メイクをして、衣装と合わせてカメラマン

さんが撮ってくれて一枚の写真となり作品

が仕上がります。

 

正直に言います。最近常思います。

 

 

自分、下手くそです。

 

 

それは自分の技術、センスに自信が無い

とかじゃないんです。(自信があるわけでもないですが。)

 

いつも結果が出ないし、

やりたいイメージが撮れない

んです。これは色々なとこに原因が

あると思ってました。もしかしたら

環境など自分以外の事のせいにしてた

こともあるかもです。

 

作品を作るには色々なパワーがいります。

それらを僕はやってるようで全然

やれてないし自己満だったことに

最近気付き始めてます。

 

なんでそんなこと思ったか。

僕は本当に美容師として食べていきたい

と思ってるからです。

 

そう思えば思うほど色々なこと

がおもろいくらい炙り出てきました。

 

作品づくりが下手なのは、

自分のセンスや技術力以前に、

もともと本気で作品を撮りたい!!

思ってなかったのかもしれないです。

 

というのも、なんとなくお洒落なもの

が好きで、さらに言えばヘアカタに載ってる

ナチュラルなサロンスタイルとかが

あまり好きと思わないから。(主観)

 

この気持ちから現れた惰性の温い感情

やったかもしれないと思いました。(本音)

 

もちろん経験不足も練習不足も

ありそんな中作品を撮っても、

やはりうまくはいかないのは当然で。

 

自分が納得いくまで全力で取り組めたのか?

という自問を忘れ、ただただ作品らしき

ものを撮ってるだけかもしれなかったと

思ってしまいました。

 

でも自分では真剣にやってきた

つもりではいました。お金と時間を

かけ、モデルさんやカメラマンさんの

協力して。

 

ただそのお金のかけ方、時間のかけ方

も今後もっと見直してやらないと

いけないんです。

結果が出るまでは。本気で考え、

結果を出してる人にいろいろ聞いたり

もしないといけないと思います。

 

僕は何でも自分でやってやると

思いながらも思ってるだけで本当に

考えが甘かったと痛感してます。

 

なんでそんなことを今日書いたのか。

前述してますがまた言わせてください。

本気で美容師として食っていきたい

からです。

そして作品撮りを改めて好きな

自分に気がついたからです。

 

それらを今から本気で実行するために、

まず僕が取り組まなくてはならないのは

節約です。

 

作品取るのはお金かかるんです。

でも、お金をかけないといい作品も

できないと言うのも事実なのでかけ

たいです。

 

そもそも僕の場合、節約するというのは

自炊するというところに結びつきます。

自炊するというのはリズムが大切です。(持論)

なんでかというと、まず時間を確保しなく

てはなりません。

 

そして、夜料理して食べてしたら洗い物

が出てそれを洗いまた炊飯器タイマー予約

する。日が昇り朝ご飯作る。というリズムが

自然と生まれます。時間という五線譜に

自炊という音符を刻み奏でないとうまく

いきません。

 

それらはいい作品を作るのにも直結してる

と思います。撮影までの段取りや、下ごしらえ

は自炊に似てると思うのです。

 

そして、二つ目は売り上げをあげる。

です。

基盤のサロンワークを充実してないと

いい作品が撮れないと思いました。

これはあくまで直感です。

 

やからそこも一生懸命作品づくりと

並行してやっていきます。

 

そして最後に、なんでも恥ずかしがらずに

作ってみる。

ものづくりって昔から僕、そこまで

好きじゃなかったんです。それはなんか

変に周りの目を気にしてました。

自分自身が変な髪型したり、人前で

笑われたりするのはあまり人目を気に

せずできたんですが。。

 

美術の時間とかよくサボってましたし。。

多分そういう恥ずかしさとかも影響

してました。それはいま髪の作品をつくる

ときにも少しあるのです。

 

自分の作品を人に見せて評価

してもらうのが怖いんです。

ダサいって言われたら嫌やなとか。

いつも思ってました。

 

でもやはり上手な人に見てもらい

向上するためのヒントにして行った

ほうがいいと思ってます。最近は。

 

ダサい作品をつくり続けるのは嫌やし

自分のセンスをもっと信じて作りたいもの

をつくる。ということをこれから

もっとやっていきたいです。

 

今日は長くなりなりましたが、

最後まで読んだ方は僕の弱音みたいな

ブログなんて興味なかったでしょうけど、

本当にありがとうございました。

 

吐き出さないと、また溜め込んで

温い惰性に変わるので書き留めた

までです。

 

おもろい作品見せれるようにがんばります!!

 

おわり

 

 

カガラシュンの料金案内はこちら カガラシュンでウェブ予約するはこちら

2 件のコメント

    • けいさんはじめまして!コメントありがとうございます。
      弱音から始まる優しさ。とても優しく清い言葉ですね。
      まるで日本最後の清流、四万十川の水の音のように。
      行ったことないけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ただ髪の毛を切るのではなく、一人一人に合う髪型を贈る。とゆうことが第一コンセプト。ファッッションブランドpottoや2ピースバンドドミコのヘア&メイクを手掛けるなどサロンワーク以外でも幅広く活躍。髪で本気で人は変われるしいろんな髪型テキトーに楽しんだらええやんと思ってるゆとり、ゆとりの風来坊。